生態系の維持・再生

八王子みなみ野シティでは、生態系に着目しています。表土の保全はもとより、現況地形の保全や雑木林の再生、大型樹林の移植保全、根株移植工法の採用、ビオトープネットワークの形成などに取組むことにより、開発前から生息していた生物の生息環境の維持・再生を進めています。

ビオトープネットワーク
地域の特性によって、<谷> <尾根> <里山> <川> <街>の5つのゾーンに分け、互いに関連しながら生物棲息空間を確保するためのネットワークが形成されることを目指しています。